キャッシングの基礎知識」の目次です

/ キャッシングの基礎知識・・・。

これってある程度持っていないと、損をしたり、嫌な思いをしたりするので要注意!

もともと、「消費者系」「銀行系」「信販系」「ネット系」の違いって何でしょう?

「金貸しなんだからみんな同じじゃないの?」

とんでもない!!
それぞれ特徴があり、違いがあります

そこんとこを十分に理解して、自分はどれにキャッシングするのかを決めましょう。

『キャッシング』って何?
銀行系のキャッシングのメリット・デメリット
信販系のキャッシングのメリット・デメリット
消費者金融のキャッシングのメリット・デメリット
ネットキャッシングのメリット・デメリット

『キャッシング』って何?

キャッシングとは、金融機関から小口融資を受けることをいいますが、これにもう少し付け加えると、銀行から受ける一般的な融資とは違い、「無担保・無保証」で小口融資を受けるこができるということです。

キャッシングはとても便利で、決められた限度額内であれば何度でも借入OKとなり、しかも使いみちは自由となります。

いつでも気軽に融資を受けることができ、いざというときのスピーディな対応は最大の魅力といってよいでしょう。

また、一般的にカード発行手数料や年会費も無料なので抵抗感がありません。

現在、キャッシングを提供している企業は「銀行系」「信販系」「消費者金融系」「IT系」といろいろありますが、各企業によって融資の方法や金額、利率、審査などのサービスが違います。

年々キャッシングを利用する人は増え続けており、そのため、企業も利便性の良い商品を次々と打ち出していますが、利用目的や返済計画を考え、自分にあった商品を選ぶことが、賢いキャッシングの仕方といえるでしょう。

銀行系のキャッシングのメリット・デメリット

銀行系キャッシングのメリットは、なんといっても他金融機関に比べて低金利という点です。

融資限度額も高めに設定されているので、多くの融資を長期にわたって借り入れることができるのも嬉しい魅力となり、また、銀行のATMも利用できるという利便性もあります。

しかし、反対にデメリットには、申し込みに時間がかり、審査が厳しく柔軟な対応とはいかないところが挙げられます。

多重債務者には向いてないと言われていましたが、最近では銀行系の消費者金融も審査がとても柔軟になってきた傾向があるので、当たって砕けろではありませんが、相談する前に諦めるよりは、一度門を叩いてみるのもいいと思います。

信販系のキャッシングのメリット・デメリット

信販系キャッシングのメリットは、使い勝手のよさといえるでしょう。

融資限度額内であれば、普段ショッピングなどで使用しているカードで何度でも借入可能となります。

また、コンビニや提携金融機関のATMやCDで利用できるため、全国どこにいても入出金が可能という利便性は信販系の最大の魅力です。

金利面に関しては、銀行系よりやや高く、消費者金融よりやや低い設定となっており、融資限度額は銀行系よりも低く、消費者金融よりも高めに設定されています。

審査に関しては、消費者金融よりもやや厳しく、申し込みに時間がかかる点がデメリットといえますが、銀行系ほどの厳しさではありません。

信販系キャッシングは、銀行系と消費者金融系の中間に位置した存在と言ってよいでしょう。

消費者金融のキャッシングのメリット・デメリット

消費者金融系のメリットは、なんといっても審査の柔軟さと手続きの速さといえます。

申し込んだその日に借入ができてしまうほどスピーディで、コンビニや提携金融機関のATMやCDで入出金ができる商品もあり、使い勝手の良さも魅力の一つです。

しかし、手軽で便利な分、金利が高いというのがデメリットです。 借りるときは良く下調べをしないといけないし、融資限度額もどちらかというと低めなのが残念です。

消費者金融系の会社は、さまざまなサービスを打ち出しているので、自分にあった商品を選べば、快適(?!)なキャッシングをすることができるでしょう。

ネットキャッシングのメリット・デメリット

ネットキャッシングのメリットは、なんといっても24時間365日、ネットで申し込み可能な点でしょう。

しかも来店不要で面倒な手続きも一切ありませんし、申し込みから審査まで、とてもスピーディで、申し込んだその日に借入ができてしまうところがほとんどです。

審査も比較的柔軟で、融資限度額もやや高め
金利も低めに設定されているので、長期にわたって借り入れることができるのも嬉しい魅力となります。

店舗がないので利便性に関して少々不安になってしまいますが、充実した提携キャッシュディスペンサーとATMがあるのでとても安心で、他の金融機関に引けをとらない利便性が整っています

ネットキャッシングのデメリットはこの手軽さ、便利さです。

手軽に借りられるので、ついつい他社借り入れが多くなってしまい、気が付いたら多重債務者になってしまうという危険性を含んでいます

「計画的に」・・・これはとっても大切な言葉ですよ。

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ