融資までの流れ」の目次です

/ お金を借りることが目的なので、融資までの流れは別に知らなくてもいいよ~・・・という人もいるでしょうが、そういう人に質問です。

融資までの流れを知らなくて、どうやってお金を借りるのでしょうか?

融資までの流れというのは、いわばお金を借りるまでの「手順」です。

この手順を知っておかないと、お金を借りることはできませんよ~。


1.商品を探す
2.申し込みをする
3.審査が行われる
4.審査結果報告
5.契約&融資

1.商品を探す

世の中には沢山の金融商品があり、「銀行系・信販系・消費者系・IT系」と、それぞれの特徴があります

・金利の安いところで借りたい
・使い勝手が良く、なるべく低金利の大枠の融資を受けたい
・審査に自信がないけれど、とにかく借りたい。
・面倒な手続きはイヤだけれど、なるべく早く、低金利で借りたい

などなど、目的によって自分に合ったところを探すことが重要です。

ピンチ!お金が足りない・・・そうだ!融資を受けよう!・・・というときは、まず、まず自分にあった商品は何なのかを探しましょう。

2.申し込みをする

自分にあった商品が見つかったら、次は申し込みです。

申し込みの方法も各社様々となり、一般的な申込み方法は、以下のようなものとなります。

・インターネットで必要事項を入力の上、送信ボタンを押す。
・電話口で本人確認の上、申し込み手続きを完了する。
・無人店舗で契約する。
・窓口に直接出向き、その場で書類に記入・捺印で申し込む。

3.審査が行われる

届いた申込書をもとに消費者金融内で審査が行われますが、各社によって様々ですが、数分で審査が終わるところや、数日かかるところもあります。

最近、借入額が少額の場合は、本人確認書類(保険証、運転免許証、パスポート)のコピーもいらず、短時間審査で融資を行う企業が増えてきました。

消費者金融機関は、信用情報機関を使って個人情報を調べて審査をした後、融資が可能かどうかを判断するために、評点(スコアリング)を計算します。

そして、返済状況の予測・融資可能金額・返済計画が消費者金融内で決まった後、契約手続きに進みます。

4.審査結果報告

審査が終わった後、申込者に審査結果の連絡が入ります

ほとんどの会社がメール・電話での審査結果報告となりますが、ごくまれに、書類での回答となる場合もあります。

5.契約&融資

審査結果の連絡が入り融資可能と判断されたら、契約と融資と移りますが、即日融資を希望の契約の場合は、インターネットや電話などで再確認の上、この時点で指定口座への振込みとなります。(カードと契約書類は後日発送となります。)

即日振込みなどの指定やサービスがない場合は、送られてきた契約書に必要事項を記入し、必要書類(身分を証明できるもの、収入を証明できるものなど)を同封のうえ返信。
すると後日カードが送付され、借入が可能という流れとなります。

現在は少なくなりましたが、来店が必要な会社もあるので、その際は窓口に必要書類持参で来社します。

そしてその場でカードが発行され、借入が可能となります。

余談ですが、即日振込みのサービスがないが融資を急いでいる場合、窓口まで来社をすれば、その時点で借入可能となりますので急いでいる人は窓口まで足を運ぶようにしましょう。

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ