ら行」の目次です

利息制限法(りそくせいげんほう)
リボルビングカード(りぼるびんぐかーど)
リボルビングシステム(りぼるびんぐしすてむ)
リボルビング返済(りぼるびんぐへんさい)
リボルビングローン(りぼるびんぐろーん)
利用限度額(りようげんどがく)
ローン(ろーん)/ローンカード(ろーんかーど)
ローン手数料(ろーんてすうりょう)

利息制限法(りそくせいげんほう)

利息制限法とは、民法上の金銭貸付けの際の利息の上限を定めた法律のことですが、罰則はないものです。

上限金利は以下のとおりに定められています。

元本が10万円未満の場合 ・・・ 年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合 ・・・ 年18%
元本が100万円以上の場合 ・・・ 年15%

リボルビングカード(りぼるびんぐかーど)

リボルビングカードとは、毎月一定の最低返済額を支払うリボルビング方式が可能なクレジットカードのことをいいます。

リボルビングシステム(りぼるびんぐしすてむ)

リボルビングシステムとは、カード会社が事前に定めた利用限度額の範囲内で何度でも自由に利用ができ、返済額はあらかじめ選択している毎月一定の最低支払金額(増額返済も可)というシステムのことです。

返済方法には「定額リボルビング」と「定率リボルビング」がありますが、日本では「定額リボルビング」が主流となっています。

また利用にあたっては、加盟店でリボ払いと伝える方法、事前にカード会社に届け出る方法、リボ払い専用カードを発行してもらう方法などがあります。

リボルビングシステムは、分割払いのように購入を繰り返すたびに毎月の返済額が増えることはなく、一定の決められた最低支払金額の返済となります

リボルビング返済(りぼるびんぐへんさい)

リボルビング返済とは、毎月の返済額を事前に決めておき、その毎月の返済額と利用合計額により最終的な返済回数が決まっていく返済方法のことです。

リボ払いなどとも呼ばれています。

リボルビングローン(りぼるびんぐろーん)

リボルビングローンとは、クレジットカードやローンカードの利用限度枠をあらかじめ決めておき、その範囲内であれば何回でも自由に繰り返し利用ができ、返済は毎月決められた一定額や一定率で支払う方式のことをいいます。

利用限度額(りようげんどがく)

利用限度額とは、クレジットカードやローンカードが利用できる範囲として、事前にカード会社が個別に設定している金額の上限のことをいいます。

ローン(ろーん)/ローンカード(ろーんかーど)

ローンとは、お金を貸すこと、あるいは借りることを指します。

また、ローンカードとは、ATMやCDから現金を引き出すことで自動融資を受けることができるローン専用カードのことで、銀行、信販会社、消費者金融系専業会社などが発行しています。

ローン手数料(ろーんてすうりょう)

ローン手数料とは、ローン契約の際の契約手数料、保証料などのことをいいます。

「キャッシング手数料」「割賦手数料」などのように、「金利」の意味で混同して使われることもあります。

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ