勤続年数

ほとんどの消費者金融やクレジットカード会社が、勤続年数は最低1年以上という規定を設けています

そのため、入社してから日が浅かったり、転職したばかりという方は、ほとんど審査に通らないといってもよいでしょう。

キャッシングを申し込んだ際の審査では、1つの会社に長く勤めている人のほうが信頼性が高いと判断するため、転職をしてどんなに収入が上がっていても、審査での信用度は残念ながら上がらないということになります。

申し込み段階での勤続年数の確認は、実は消費者金融も裏付けがとれないため、ほとんどの会社が申し込み書に記入された自己申告を採用しています。

しかし、だからといって申込書に嘘を書いて申請しても、いずれ契約の段階で提出書類などからわかってしまいますので、正直に申告しましょう。

このカテゴリー「「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!」では、以下のことも知ることができます。

「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!

電話
家族構成
居住形態
居住年数
年収
勤務先規模
雇用形態
勤続年数
年齢
「対面与信」で断られる

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ