年収

年収は高いほうが有利なのは当然ですが、この属性がもっとも確認がとりづらい要素です。

この項目は各社とも、勤務先規模・勤続年数・年齢・雇用形態とを総合的にみて判断しています。

この属性を、審査を通したい気持ちで多少大目に申告すると、「要確認」となり審査担当員に渡ります。
しかし、これでは審査担当員の心証は悪くなるのは当然です。

多めに申告したい場合は、一般常識的な数字、せめて数年先の見込み年収を記入するのが妥当でしょう。

また、年収が200万円未満の場合もかなり審査が不利になるので、このことから雇用形態はかなり重要なものとなってくるのです。

このカテゴリー「「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!」では、以下のことも知ることができます。

「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!

電話
家族構成
居住形態
居住年数
年収
勤務先規模
雇用形態
勤続年数
年齢
「対面与信」で断られる

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ