居住年数

.居住年数は勤続年数と同じで、最低1年以上と規定している消費者金融がほとんどです。

そのため、引越したばかりの人は審査が通りにくいといえます。

業者にとって所在地確認は重要なので、まめに引越しを行う人よりも、一ヶ所に定住している人のほうが信頼度が高いというわけです。

つまり、超高級マンションに昨日から住んでいる人よりも、今にでも崩れそうな家に10年住んでいる人の方が、業者側には好まれるということです。

融資を受けるということは、あくまでも「どれだけ信用できるか」という部分がとっても大切なものとなるのです。

この属性は、申込者が提示する運転免許証・保険証・パスポートなどの記載で住所の裏付けを確認しています。

審査の厳しい会社では、必ず申込み者の住民票を取って裏付け確認を行っています。

このカテゴリー「「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!」では、以下のことも知ることができます。

「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!

電話
家族構成
居住形態
居住年数
年収
勤務先規模
雇用形態
勤続年数
年齢
「対面与信」で断られる

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ