居住形態

あたりまえといえばあたりまえなのですが、住所不定では審査に通ることはまず無いといってよいでしょう。

消費者金融機関の居住形態が高い評点は、以下のようになっているといえます。

持家(自己名義)>持家(家族名義)>官舎>社宅>寮>賃貸>公営住宅>下宿

消費者金融機関は居住形態から一体何を見ているのかというと、それは、「夜逃げしないか」という点です。

持ち家を持っている人の評点が高いのは、家を買う余裕のある家計と見ているからではなく、ある日突然、自分の家を捨てて夜逃げする確立は低いと考えるからなんですよ。(雑学 笑)

このカテゴリー「「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!」では、以下のことも知ることができます。

「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!

電話
家族構成
居住形態
居住年数
年収
勤務先規模
雇用形態
勤続年数
年齢
「対面与信」で断られる

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ