家族構成

消費者金融機関にとって、家族構成は特に審査に影響がありません

ただし、子供がいない場合のほうが、可処分所得が多いと判断され、融資額が多く取れることがあります。v カード会社が見ている家族構成の重要な点は「追跡できるか」です。

このことからから、家族構成の評点の高い順は以下のようになります。

独身で親と同居>既婚で親と同居>既婚で親と別居>独身で親と別居

一人暮らしで独身の場合は連絡不能になってしまうこともありますが、親と同居していれば追跡手がかりも得やすいですし、また見つからなかったとしても、親が借金の肩代わりをしてくれることがあるからです。

本来、子供の借金を親が立て替えなければいけないという「義務」も「法律」も存在しません。(夫婦、兄弟、親戚にも同じことが言えます)

しかし、そのことを知らない家族は、業者から「アナタのお子さん、借金を返してくれないんですよ〜」なんて言われれば代わりに返済をしてしまうので、それを経験上からよく知っている業者はそこを狙ってくる・・・ということになります。

このカテゴリー「「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!」では、以下のことも知ることができます。

「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!

電話
家族構成
居住形態
居住年数
年収
勤務先規模
雇用形態
勤続年数
年齢
「対面与信」で断られる

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ