電話

消費者金融機関が顧客と連絡を取る手段は、電話や郵便がほとんどです。 以前までは、カード会社にとって固定電話は契約必須条件となっていました。 それは、固定電話回線は電話加入権が必要であったり、設置する住所地が必要であったりと条件が揃っている人のみが持てるものだったからです。 しかし、最近では固定電話を持たないケースも増えてきたため、これまで必須条件としていた固定電話回線の有無を「携帯電話でもOK」とするようになってきました。 固定電話の回線名義の裏付けは、NTTの104番号案内を使用しています。 ここで番号案内されれば、名義は申込者のものであると確認されます。 もし非公開で登録していても、「お客様の申し出により番号案内をしておりません」とのアナウンスが返ってくるため、その住所にその人の名義で確かに固定電話は存在するとみなせたということで、消費者金融機関は「確認できた」判断することになります。 もし、「そのお名前ではご登録はありません」とアナウンスされた場合は、レンタルや名義があやふやな電話で本人名義では無いと消費者金融機関は判断するため、かなり評価基準は下がります。 固定電話と携帯電話を持っている場合が評価が一番高くなりますが、携帯電話しか持ってないという場合は、名義確認の裏付けを取る手段が無いため、最も評点が低くなります。

このカテゴリー「「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!」では、以下のことも知ることができます。

「借りられない・・・」それはどうして起こるのか?!

電話
家族構成
居住形態
居住年数
年収
勤務先規模
雇用形態
勤続年数
年齢
「対面与信」で断られる

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ