消費者信用団体生命保険

消費者信用団体生命保険とは、契約者である利用者が、死亡や重度障害で返済が不可能になった場合に、消費者金融に保険金が下り、契約者が残した借金に充てられる仕組みになっている保険のことになります。

「金がないのにキャッシングするのに、そんな保険の保険金を支払わなければならないの?」・・・というような心配が出てくると思いますが、そんな心配は必要はありません

なぜなら、業界内では「団信」と呼ばれる保険なのですが、この保険の掛け金は、契約した消費者金融側が支払うことになっているからです。

利用者分の保険料を全額負担する消費者金融は、保険会社にとっては「毎月の定期的な収入源」となり、保険会社は見返りとして「継続的な融資」を実行することが可能となる・・・というメリットがあるので、 消費者金融と保険会社の間では、この保険は「お約束事」なっているものとなります。

どうしてこんな保険が存在するのかというと、消費者金融は「無担保融資」なため、利用者が死んでしまっては、ただの金貸し損です。

そのために、何かの手を売っておかなきゃいけないため、担保のない利用者が返済不可能となった場合の対処策となっているからのです。

この保険は、マンションなどを購入した際にも適用される保険となりますので、知っておくといいでしょう。

ただ、この保険を返済に充てるために、自殺者が増えているのが現状となっているため、大手消費者金融の何社かは、この保険を廃止したところが多くなってきました。