借り過ぎてしまった場合の債務整理

複数の貸金業者からキャッシングを利用していて、返済のためのキャッシング になったりして多重債務者になったりした場合に、その解決の方法として、借金に苦しむ多重債務者を合法的に救済する方法を債務整理と言います。
債務整理には何種類かの方法があり、個人が行うこともできますが、実際としては専門家に依頼して行うことが多いです。
債務整理の方法としては、一番知られているのが自己破産で、簡単に言いますと、借金をすべて法律の力で帳消しにすることで、自己破産申請者の財産のうちで生活に欠く事の出来ない最低限を残し、後は借入しているキャッシング会社などに財産を分配することで、借金を無くす方法です。

また、任意整理は専門家を通じて借入している相手と話し合いを持ち、その話し合いの交渉で債務の額を減らして解決する方法です
この方法は裁判を通さないで行うのが特徴になっています。
それ以外では、特定調停や個人再生手続が有りますが、特定調停は裁判所の調停委員が介在して借り入れているキャッシング会社と利用者の借金額や支払方法の変更について話し合う方法で、個人再生手続は、民事再生法による救済手段としての再生手続になります。