貸し付け会社の種類

そもそもキャッシングとは、無担保無保証で小口のお金を貸し付けるサービスのことです。
私自身は、今までキャッシングはおろかキャッシュカードさえも持ったことがないため、お金を借りることに対しての知識はほとんどありません。
そこで、まずはいったいどのような種類の会社からお金を借りればいいのかを検討することにしました。
貸し付け会社の種類でキャッシングを分類すると、大きく3つに分けられます。
1つめは、銀行やその子会社または関連会社などが貸し付けを行う銀行系キャッシングです。
銀行が運営するため、圧倒的に豊富な資金力と安定感があります。

また、他の金融機関に比べると比較的低金利で融資の限度額の設定も高いです。
もちろん厳しい審査があり、審査が確定するのにも時間がかかります。
経営者の方など多くの融資を長期的に希望しているという場合には適しているのかもしれません。
次に、消費者金融会社が提供する消費者金融系キャッシングです。
無担保でなおかつ素早く融資を行ってくれることが特徴で、審査や融資枠拡大にも少しゆるくなっていますが、金利は高めに設定されています。
利用限度額の範囲であれば、完済の前にさらに続けて貸し付けをうけることも可能なのが大きな特徴のようです。
また返済日を自身で自由に設定でき、利息計算も日割りで行われることから、早く返済できる見込みがあるのであれば、その分少ない金利で済ませることもできます。

最近は消費者金融に大手銀行が参入または資本参加したことで設立した銀行系消費者金融も増えています。
最後にクレジットカードの会社が行う信販系キャッシングです。
提携キャッシュディスペンサーやATM機の台数も多く、手軽に借り入れができることが特徴です。
金利は銀行系よりは高いけれど消費者金融系よりは低いという中間ぐらいのものになり、消費者金融に比べると審査は厳しくなります。

しかしすでに持っているクレジットカードがあるのであれば、ショッピング枠を利用してキャッシングすることが可能になるので、審査も簡単になり、すぐに現金を手に入れることができます。
ただしこの場合は貸し出し限度額はかなり低めとなってしまいます。