他社借り入れ件数2社」の目次です

他社借入件数2社(25歳 女性 Aさん 借り入れ金額30万円)
他社借入件数2社(26歳 女性 Cさん 借り入れ金額25万円)
他社借入件数2社(35歳 男性 Bさん 借り入れ金額50万円)
他社借入件数2社(25歳 男性 Dさん 借り入れ金額30万円)
他社借入件数2社(30歳 男性 Eさん 借り入れ金額50万円)
他社借入件数2社(40歳 女性 Eさん 借り入れ金額30万円)
他社借入件数2社(30歳 女性 Hさん 借り入れ金額15万円)
他社借入件数2社(33歳 男性 Kさん 借り入れ金額100万円)
他社借入件数2社(24歳 男性 Eさん 借り入れ金額45万円)
他社借入件数2社(22歳 女性 Sさん 借り入れ金額100万円)

他社借入件数2社(25歳 女性 Aさん 借り入れ金額30万円)

看護師の仕事をしている25歳のAさんは、医療現場で働いている、とてもしっかりした感じの女性です。

髪は短めで、さわやかさと清潔さが感じれら、芯の強さも伺えます。

そんな彼女からは、無意味なキャッシングをする印象を受けませんでした。

そんなAさんにキャッシングの話を聞いてみると、ペットのためという答えでした。

Aさん:「一人暮らしをしていて寂しいので、猫を飼い始めたんですね。
でも、その子がちょっと具合が悪くなってしまって・・・。

病院に連れて行ったら尿結石といわれ、すぐに手術をしないと死んでしまうといわれたんです。

もう、びっくりして、その日のうちに手術をお願いして、しばらく経過入院させていたんです。

数日後、迎えに行ったときの退院時の請求書を見て、さらにびっくり!

だって、手術費・入院費を含め20万円もするんですよ。

そのときは貯金を崩して支払ったのですが、数ヵ月後にまた同じ状況に。。。

仕方がないので、1社目で30万円を借りて支払いました。

けれども、その後も何度か具合が悪くなったり、餌も特別なものしかダメで、出費がかさんで、他社から新たに借入をすることに。。。

でも出費はかさむのに、ペットの病気がなかなか治らなくて、とうとうもう1社から借入しなくてはならなくなったんです。

キャッシングにはやはり抵抗があったので、女性専用の「ベティローン」に電話をし、30万の借入れも申込みました。

対応は親切な女性スタッフだったので、とても安心して申し込みができたと思います。

借入理由を話したら、とても親身になってくれて、本当に嬉しかったです。

大切な家族なので、仕方がない出費だと思っていますが、これ以上病院にかかるのはちょっと・・・・」


最後はちょっと心配そうに顔を曇らせたAさん。
ペットを飼っている人にとって、他人事ではない話でした。


ベティローンの詳細

他社借入件数2社(26歳 女性 Cさん 借り入れ金額25万円)

大手上場企業にお勤めのCさんは、とても華やかな雰囲気の女性です。

綺麗に整った髪を巻き髪にし、ブランド品で身の回りを固め、流行にとても敏感なOLさんという感じでした。

そんなCさんに話しを聞いてみると、既に2社借入があり、先日もう1社申し込んだばかりとのことでした。

理由も単純で、「新しいものを誰よりも早く手にしたいから」とおっしゃっていました。

Cさん:「会社に行くと、みんな同じ制服でしょ。個性を出したくても目立つとお局様に目をつけられちゃうし・・・。

OLって、毎日会社帰りに楽しく合コンとかやっているように思われがちだけど、 実は会社に行って帰ってくることの繰り返しなんですよね。
なんだかもう、イヤになっちゃって。

なので、ストレス発散にショッピングとグルメ!

新しいブランド品や化粧品は誰よりも早く手にして優越感に浸りたいし、新しいお店にはいち早く行って、みんなに自慢したいしで、それぐらいしか楽しみがないんですもの。

でもね、OLのお給料って、とっても安いんです。

ボーナスまで待てないし、他に使う予定もあるし、、それで最初はショッピングもできて便利かなと思って、「セゾンカード」をつくりました。

すぐに残額いっぱいになっちゃったから、同じようにショッピング機能がついている「イオンカード」に申し込んで見ました。特に問題なくOKでしたよ。

それから、また旅行の費用のために、25万円武富士で申し込んだんですよ。

月々の支払いは小額なので、そんなに気になっていません。きちんと返済できているから大丈夫ですよ。」


オシャレや流行に敏感でいるためにはお金もかかるんですね。
彼女のようなOLさんは沢山いらっしゃるのではないでしょうか。


武富士の詳細

他社借入件数2社(35歳 男性 Bさん 借り入れ金額50万円)

今年で35歳になる会社員のBさんは、このまま会社員で終わっていいのだろうかと、人生に悩んでいるようでした。

大学を卒業後、某企業に入社。
その後経理部に配属されてから8年間、ずっとまじめに働き続けてきたという方で、けっしてオシャレとはいえませんが、眼鏡をかけた細身の、まじめそうな男性でした。

Bさんの話をきくと、自分への投資ということでした。

Bさん:「経理部に配属されてから8年間、ずっと経理の仕事をしてきたので、これからもこの道で働いていくと思います。

ただ、特にこれといった資格もないので、出世やこれからのことが心配なんですよね。

実は、私と同期の社員が、税理士の資格をとったんですよ。

資格手当てだけでもすごくつくんですが、彼が勉強しているなんてまったく知りませんでした。

なんだか、物凄く差をつけられた気がして、焦りましたよ(苦笑)

それで、資格取得のため、既に消費者金融から30万を借りて自己投資に当てました。

資格取得って結構お金がかかるんですよね。まだローン返済中ですが、目的はひとつ達成できました。

一つ資格を取ってしまうと、欲が出てきて、また新たな資格が取りたくなってしまった僕は、学校に通うために新たに違う会社から50万ほど借りました。

それで見事新たな資格を取ることでできたのですが、頑張ってもうひとつ資格取得に挑戦しようかなと思いまして、「ディック」さんの目的別ローン50に50万ほどの融資を申し込んだんです。

もちろん、審査はすぐにおりましたよ。

これからも自分自身に投資してレベルアップを目指します。」


今の自分に漠然と焦りを持っている人はどのくらい、いるのでしょうか。

彼のように、着実にスキルアップを目指すため、自己投資にお金をかけるということも賢い選択かもしれないですね。


ディックの詳細

他社借入件数2社(25歳 男性 Dさん 借り入れ金額30万円)

今年25歳になるDさんは、大学卒業後、某企業に就職が決まり、一人暮らしを始めることになりました。

とても明るく楽しい方で、おしゃれにも気を使っている様子がうかがえます。
充実した毎日で、楽しくて仕方がないというお話でした。

そんなDさんの借入状況は1社目で30万円、2社目で50万とのこと。

人付き合いの良いDさんならではの悩みで、付き合いにお金がかかるためとのことでした。

Dさん:「最近は仕事にもなれて、毎日が本当に充実しています。職場の雰囲気も良いですよ。
週に2〜3回は先輩に飲みに連れて行ってもらってますし。

でも、最近ちょっと悩みがあって・・・。

給料日前とかも飲みに誘われたりするんですが、先輩の誘いでなかなか断れ切れず、消費者金融からお金を借りて飲みに行っているんです。

最初は借りる金額も数万円だったから特になんとも思っていなかったんですが・・・。

忘年会とか、新年会、新入社員歓迎会やら送別会とたてつづけに大きな出費がかさんで、仕方なくもう1社から借りることにしたんです。

理由が理由なので、どうかな?と思って「アットローン」に申し込みをしてみたら、意外とあっさり審査がとおりました。

自分の意思が弱いのがいけないのですが、はっきりと断れるようにならないといけないですよね。」


彼のように、先輩や上司からの誘いを断れ切れず、お金を借りてのみに行っている男性は、もしかしたら沢山いるのではないでしょうか。


アットローンの詳細

他社借入件数2社(30歳 男性 Eさん 借り入れ金額50万円)

実はリストラされちゃって・・と、語り始めたのは今年30歳になるEさん。

現在職探し中ということで、こころなしか疲れた顔をしていたのを覚えています。

Eさん:「田舎から上京してきた当初は、会社の業績もよく余裕のある暮らしをしていたんですよ。

けれど、不況の影響で半年前にリストラされて、今職探し中なんです。

就職先なんて、すぐに見つかると思っていたのですが、なかなか思うようにはいかなくて(苦笑)

貯金を切り崩して生活していましたが、とうとう足りなくなってしまって、消費者金融から生活費を借りることにしたんです。

もともと持っていたカードは既に残額いっぱいまで使ってしまったので、新たに申し込みをしてみましたが、やっぱり失業中ではどこも貸してくれるとことがなくて・・・。

インターネットで調べて、無職・失業中でも大丈夫って書いてあったアイフルさんに50万ほどの融資を申し込んでみました。そうしたら審査が通ったんです!

本当に助けていただいてありがとうございますという感じです。早く次の就職先を見つけて、完済したいです。」


無職・失業中の方でも申し込めるカードがあったなんて、おどろきです。世の中まだまだ不況。リストラも他人事ではないので、覚えておくとよいかもしれませんね。


レイクの詳細

他社借入件数2社(40歳 女性 Eさん 借り入れ金額30万円)

今年42歳になる主婦のEさんは、自称コスメフリークとおっしゃるだけあって、 とてもきれいな肌をしていらっしゃる若々しい方でした。

Eさん:「若い頃から化粧品にはこだわっていて、今まで幾ら投資してきたかわかりません。
でも、おかげさまで実年齢より若く見えるみたいで嬉しいですね。

結婚して子供が生まれてからの暫くは、化粧品にかけているお金も時間もなかったけれど、最近子供も大きくなって、随分余裕がでてきたんですよ。

でも、やっぱり自由に使えるお金がちょっと足りなくて、ショッピングもできるクレジットカードを2枚作ったのですが、すぐに限度額いっぱいになってしまって・・・。

仕方がないので、もう一枚「スタッフィ」で作りました。

ちょっと後ろめたくて電話をかけずらかったんですが、女性専用のフリーダイヤルがあったので安心して申し込めてしまいました。パートもしていたので、問題なくOKでした。

主人にいつバレるかと思うと怖くて仕方がないのですが、なんとか3枚のカードでやりくりしていくつもりです。」


ちょっとした余暇のつもりが使いすぎちゃったなんて人は、彼女以外にも沢山いそうですよね。


スタッフィの詳細

他社借入件数2社(30歳 女性 Hさん 借り入れ金額15万円)

今年30歳になる主婦のHさんは、1年前に結婚したばかりの小柄で可愛らしい感じの女性で、現在飲食店で、パートとして働いていらっしゃるそうです。

お子さんは?という問いに、ちょっと顔を曇らせ、「夫にも、夫の両親にも言われるのですが、まだ無理なんです。実は主人に隠していることがありまして。。。」と、ポツリポツリと話を始めてくれました。

Hさん:「実は、私、学生の頃の借金がまだ残っているんです。

大学進学のために上京して、はじめての一人暮らし。あの頃はもう、舞い上がっちゃって。

両親から仕送りはしてもらっていたけれど、それだけじゃ生活費がたりなくてキャッシング。

友達との食事や旅行、洋服やバックなどを気軽にカードで買っていました。

総額150万ぐらいの借金があったのですが、安定した企業に就職も決まり、返済することはできていたので、心配はしていなかったんです。

けれど、結婚して寿退社をした途端、返済ができなくなってしまって。

始めは会社を辞めるつもりはなかったのですが、主人は転勤やら何やらが多いので仕方がなく・・・。

残額80万ほどあるのですが、パートで働いた分を借金返済にあてています。

けれど、パート代だけでは足りなくて、生活費から出していたら、今度は生活費がたりなくなってしまって・・・。

仕方がないので、もう一枚カードをつくることにしました。

主婦でもOKの「アコム」さんに申し込んだところ、すぐに融資していただき、安心しました。

暫くの間は、今あるカードでやりくりしていきます。

主人には言えないですね、借金とか嫌いな人なので、子供は借金を返済してからじゃないと作れないです。」


ご主人に内緒の借金を持っている主婦は、彼女だけではないかもしれませんね。。。


アコムの詳細

他社借入件数2社(33歳 男性 Kさん 借り入れ金額100万円)

33歳になるKさんは、某ゲーム会社でデザイン関係の仕事をされていて、持ち物一つ見ても、とてもこだわりの見られる、オシャレな方でした。

「特に無駄遣いをしているつもりはなかったのですが、気がついたら、かなりの額を借りていて、自分でもびっくりしました」と3枚目のカードを作るにいたった理由を話してくれました。

Kさん:「入社時、給料振込み用の口座をつくったんですが、そのとき窓口の方に、「ローンカード」もすすめられたんです。
その時は特に気にもせず、何かあったとき便利だなぐらいで一緒に作っておきました。

ついでに作ったローンカードのことなど忘れていたのですが、ある日、給料日前にピンチになった時があって、急に思い出したんです。

その後、交際費とか、足りなくなると、そのローンカードでちょこちょこ借りていました。簡単に借りれてしまうので、「借金」というイメージがなく・・・つい。

そんなこんなで、気がついたら毎月の支払いが8万以上になっていたので、生活していくだけで大変に・・・。

仕方がないので、足りない分を埋めるために、もう一枚カードをつくることにしました。

でも職業柄、人との交際が多い私は、2枚のカードでは足りなくなってしまったんですよ。

借入額が結構あったので、銀行・信販系では審査はとおらないかな?と思い、大手の「モビット」に申し込んで見ました。

そしたら、あっさりOK。
おかげさまで、すぐに融資をしてもらい助かりました。

もう、キャッシングで生活費を埋めるのは止め、早く返済するように頑張ります。」


銀行系のローンカードは、なんとなくイメージが良いので、借金というイメージがあまりないのかもしれませんね。

きっと同じような錯覚に陥っている人は沢山いるのではないでしょうか。


モビットの詳細

他社借入件数2社(24歳 男性 Eさん 借り入れ金額45万円)

24歳、フリーター男性のEさんは、まだ腕に痛々しそうに包帯をまいておられました。

怪我の理由を聞いてみると、ほんの数ヶ月前に事故に遭い、そのときの怪我ということでした。

Eさん:「事故を起こした僕が悪いんですが・・・。

たまたま友人のバイクを借りているときに、不注意で事故をおこしてしまって・・ しかもその友人が任意保険にも入ってなくて。

借りる前に確認しておけばよかったと今更後悔してますよ、ホント。。。(苦笑)

ただ、他人に怪我などをさせなかったのが、不幸中の幸いです。

僕の入っている保険では、こういった場合の保障はきかなかったので、治療代やら何やら結局すべて自腹で支払いました。

そのため、貯金なんてすぐになくなっちゃいましたよ。

貯金で足りなかった分は、前から持っていたカードのキャッシング部分で補いました。

でも、貯金はないし、この状態だとしばらく働けないので、生活費のつなぎとして「ディック」に申し込みをしました。

無職状態なのでダメかと思っていましたが、OKだったので一安心しましたね。」


不慮の事故や急にお金が入用になったときなど、キャッシングは強い味方になってくれるんですね。


ディックの詳細

他社借入件数2社(22歳 女性 Sさん 借り入れ金額100万円)

フライトアテンダントを目指しているという22歳のSさんは、背が高くスタイルも良く、オシャレで、ファッション雑誌のモデルさんのように素敵な方でした。

立ち居振る舞いや話し方も、どこか気品があり、ローンを抱えているようには見えませんでした。

Sさん:「フライトアテンダントになるのが、小さい頃からの夢だったんです。

まず、夢の第一歩として、会社に入社後すぐに空港近くに引越しをしました。
早ければ早いほうが良いかしらと思ったので、その資金作りのために最初100万円の借入れをしました。

また、狭き門を突破するには、英会話教室や話し方講座、それにマナー講座などにも通っておいたほうが良いと思い、その資金作りのために他社からも50万ほど借入れをしたんです。

でも、フライトアテンダントになるのは、難関中の難関。

どんなに頭がよくても、英語ができても、なかなか受からないんですよ。

そのため、更に自分を磨くために、3社目は女性専用の「オリーブ」100万円の融資を申し込みました。

女性専用ということもあって、まったく不安はありませんでしたね。

融資もあっというまにしていただけたので、ライバル達よりいち早く出発することができました。

このローンが無駄にならないように、がんばります!」


夢を掴むための投資。
総額250万円をムダにしないように、頑張って欲しいです。


オリーブの詳細

キャッシング比較7つの鉄則のTOPへ